ポップ体フォント「けいふぉんと!」のダウンロード




スポンサーリンク

このフォントは何?

『けいおん!』のロゴタイプをヒントに作成したフォントです。
トレースなどはしていないため、「け」「い」「お」「ん」の4文字も実物とは異なりますがご了承ください。


動作環境

Windows、Mac OS等の主要なOS


フォントのデザインについて

軽快でリズミカルなフォントです
ゴシック体のカテゴリーに入るデザインですが、ひらがな・カタカナは非常に軽快でリズミカルな形です。 手書きの骨格も持ち合わせていて、ポップ体とも言えるデザインのフォントです。 ポップ体は大きめのフトコロのフォントが多いですが、本フォントはフトコロが小さめで、スマートな印象を与えます。
ロゴタイプや作品のイメージに近い「素直さ」や「実直さ」、「明るい感じ」「弾ける感じ」をひらがな・カタカナの各要素に散りばめています。
フォントのカーブは比較的に緩やかで、それほど激しくない曲線と直線で仮名文字が成り立っています。 はねる箇所についても特徴的な一面を持っています。「に」の2画目、「た」の3画目などは多くのゴシック体で省略される「はね」ですが、 ジャンプするかのように元気なはねが付いています。
見出しに適したフォントです
プロポーショナルフォントで、ひらがな・カタカナ・英数字の字間はそれぞれの文字幅によって調整してあります。 そのため、組んだ時に等間隔で文字が並ぶことが期待できます(これは横書きだけでなく縦書きにも言えることです)。
フォント自体は太めなので、本文よりは見出し・タイトルなどに向いています。 本文で使用する場合は、強調する数文字程度にこのフォントを指定するくらいなら、デザイン上もおそらく問題なく使用できます。

スポンサーリンク

ご利用にあたって

商用利用については特に制限しておりませんが、
ヒント元となった作品の名誉を傷つける場面での使用はご遠慮頂ますようお願いいたします。

ひらがな・カタカナ以外は以下のオープンソースフォントを利用されていただいております。
「源ノ角ゴシック」由来の文字グリフの著作権は Adobe 様が所有しています。
「M+ OUTLINE FONTS」由来の文字グリフの著作権は M+ FONTS PROJECT 様が所有しています。
「源真ゴシック」由来の文字グリフの著作権は 自家製フォント工房 様が所有しています。
なお、ひらがな・カタカナ部分は本サイト運営元 Do-Font が著作権を所有しています。
このフォントは、Apache License 2.0のもとで使用することができます。


免責事項

フォントは、予告せず改良、変更、アップデートすることがあります。
フォントのダウンロード・導入はお客様の責任において行っていただきます。
フォントの使用について、いかなる保証も行いません。
発生したいかなる損害(データ損失等を含む)についても、提供側は責任を負いません。


源ノ角ゴシック・源真ゴシックとの違い

「けいふぉんと」は源ノ角ゴシックとM+ OUTLINE FONTSフォントを元に作成された源真ゴシックに、
さらに変更を加えています。ここでは、その変更部分について記入します。

・フォント名を「けいふぉんと」に変更しました。
・全角ひらがな・全角カタカナ及び全角長音「ー」をオリジナルのデザインに変更しました(ただし「け」「い」「お」「ん」の4文字は「けいおん」のロゴを参考にしています)。
・源ノ角ゴシックではOpenTypeだったフォント形式を、源真ゴシックの時点でTrueTypeに変更を加えていただいております。当フォントにつきましても、TrueType形式を採用しています。
・縦書きについて、源真ゴシックの時点でMicrosoft OfficeやLibreOfficeで正常に機能するよう変更を加えていただいております。
・行間の設定を「けいふぉんと」オリジナルに変更してあります。
・源ノ角ゴシックにない文字を、源真ゴシックの時点で同等の太さを加工した M+ OUTLINE FONTS を合成することで補っていただいております。
・源真ゴシックの時点で踊り字「くの字点(U+3031、U+3032)」の縦幅を1文字分にしていただいております。

スポンサーリンク

謝辞

最後になりますが、「源ノ角ゴシック」「M+フォント」「源真ゴシック」の制作者様・提供者様に心よりお礼申し上げます。


以上の事項を確認してダウンロード

ダウンロード

仮名のみ収録フォントのダウンロードはこちら


カタカナフォントパック vol.1はこちら